バイト

悲報→【ガストのバイト評判】きつくてバックレた結果

この記事のライターS-S(27歳)

私は二十歳から二十五歳までの五年間、ファミレスチェーン店のガストで、キッチンスタッフとしてアルバイトをしていました。

最終的にはある理由でガストのバイトを続けることがきつく感じバックレてしまったのです。

このページではガストのバイト評判ときつく感じた理由、バックレた結果までを紹介したいと思います。

ガストのバイト評判・きつく感じた理由

ガストのバイトがきつく感じた理由は、毎日同じことの繰り返しで、将来に希望が見いだせなかったからです。

ファミレスのバイトを経験したことがある方は、分かると思いまうがマニュアル通りに同じことをひたすら繰り返しだけなんですよね。

店長に何度も辞めたいとお願いしていたのですが、深夜帯の勤務ということもあり、なかなか新規の人手が見つからず、このままではいつまで経っても辞められないと考えて、だんだん気持ちが追い詰められていき、ついに無断欠勤するようになり、そのままフェードアウトしてしまいました。

ガストのバイトをバックレた結果

時給制だったので、働いた分の給与はしっかりと振り込まれました。

制服と靴は買い取りだったので所有したままでよかったのですが、バックヤードの鍵を貸し出されていたので、その鍵はさすがに返さないとまずいだろうと判断して、しかし直接返しに行くのも気が引けて、後日郵送で返却しました。

深夜から朝にかけて、店がいったんクローズする際に、私は休憩室で休憩をとっていたのですが、その時に持ち込んで使っていた私物の毛布と電気カーペットをそのまま勤務先に置いたままにしてしまい、それを取りに行くことができず、そのまま店に取られてしまった形となったのが、何となく腑に落ちませんでした。

やはり店側も、バックレたことに対して怒っていたから、わざわざ返送してくれなかったのだと思い、心苦しかったです。

その後、数日にわたって、パートのおばさんたちが私の部屋を訪ねてきたり、店から私の携帯に着信がありましたが、いづれも無視を決め込んでいたら、しだいに連絡も途絶え、フェードアウトすることができました。

まとめ

バックレがおすすめできるかは、勤めている店と、本人の性格次第です。

アルバイトとはいえ、一社会人としての常識として、店から借りた物はきちんと返し、私はできませんでしたが、できれば謝罪の手紙を送るくらいはしたほうが、罪悪感も少ないでしょう。

完全にフェードアウトできるまで、店の人間の訪問や着信におびえて、バックレ体験談をネットで読んだり、私のしたことが犯罪ではないか調べまくったりと、メンタルが弱く心配性な私みたいな人には、正直あまり勧められません。

でも私のように何度も辞めたいと言っても辞めさせてもらえない場合の最終策として、やむを得ないとも思います。

-バイト

© 2021 2021年最新 | 在宅ワーク求人おすすめサイト