バイト

【ダイコクドラッグのバイト面接に落ちた】質問の内容と落ちた理由

この記事のライターりつの(22歳・女性)

私は大学生だった頃に、就職のために社会勉強をしようと思い、アルバイト先を探していました。

そして、ドラッグストアチェーン・ダイコクドラッグのバイト面接を受けたのですが、結果的に落ちてしまいました。

このページでは面接で聞かれた内容と、落ちた理由を紹介したいと思います。

これからダイコクドラッグの面接を受けようと思っている方に参考になればと思います。

ダイコクドラッグのバイトの面接に落ちた

ダイコクドラッグでバイトをしとうよ思った理由

自宅の最寄り駅にあり自宅から徒歩で行ける場所にあるダイコクドラッグ 郡山駅前薬店で、アルバイトを募集していることを知りました。

貼り紙を見て、大学の授業後の時間帯で、自分の希望に応じて週3日からアルバイトできるため大学生活とも両立しやすいと思い、ここでアルバイトしようと思いました。

ダイコクドラッグの面接の様子と質問の内容

電話で面接を申し込んで指定された日時より早めに面接に行ったのですが、店内のどこで面接を行うか分からず、10分近く店内を歩き回っていました。

それから、ようやく店員さんに話し掛けて無事に時間前に面接会場に案内して頂けました。

面接の際には、最初にこれまでアルバイトをした経験があるかを質問されて、アルバイト経験はないと答えました。

次に、これまで頑張って来たことは何かを質問されたので、大学に向けた受験勉強を毎日コツコツ頑張っていたことを話しました。

それから、自分の長所を話して欲しいと言われ、真面目で粘り強く物事に取り組めることだと答えました。

最後に、週にどれくらい勤務できるかを尋ねられて、週3日で1日あたり5時間ほど勤務できると答えました。

ダイコクドラッグの面接に落ちた理由は?

面接で落ちた理由として考えられることは2点あります。

1点目は、はっきりとした口調で話すことができなかったからです。

アルバイトの面接が初めてということに加え、もともと人見知りしてしまう性格ということもあり、接客業で最も大切な相手の目を見て、大きな声で話すことがなかなかできなかったため、落ちたのではないかと思いました。

2点目は、面接会場の場所が分からない時にすぐに店員さんに質問しなかったからです。

面接会場に案内して下さった店員さんと面接を行った店員さんは別の方だったのですが、面接会場を探す姿を見られていて、問題が起きた時にすぐに助けを求められる力が不足していると判断されて、落ちてしまったのではないかと思いました。

これらのことから、面接時には緊張していても明るい表情ではきはきと話すこと、分からないことは初対面の人でも迷わずに質問することが大切です。

-バイト

© 2021 2021年最新 | 在宅ワーク求人おすすめサイト