バイト

悲報【無印良品のバイト面接で落ちた】面接の質問内容と落ちた理由を公開

この記事のライターYUI (21歳・女性) / 大学生

私は大学生になり飲食店でアルバイトをしていましたが、シフトが減ったため他でも働こうと思いました。

大学の近くにあった無印良品のお店でアルバイトをしようと、応募して面接に挑みました。

残念ながら、私は面接で落ちてしまったのですが、このページでは面接の内容・聞かれた内容、落ちた理由と採用されるにはどうしたらよいかを紹介したいと思います。

無印良品のバイト面接で落ちた

無印良品でアルバイトしようと思った理由

大学から徒歩3分ぐらいの場所にあり、授業帰りに効率良く働くことができると思ったのが、理由です。

また、無印良品の商品はシンプルで上質なイメージで好みでした。

実際に無印良品でインテリア用品など購入することがあり、企業イメージはかなり良かったので、興味を持ちました。

無印良品の面接内容・聞かれた内容

面接では、提出した無印用品の専用フォーマットに記入した履歴書に添って質問されました。

アルバイト歴を中心に、何故無印良品で働きたいと思ったのか、この2点を特に聞かれたことを覚えています。

アルバイトは、高校生の頃からイタリアンレストランで接客をしていたので、自信がありました。

笑顔で人当たり良く、接客できるとアピールしました。

しかし、無印良品で働きたい理由に関して、少し返答に詰まってしまったところがありました。

正直「大学から近いから」が理由だったので、そこまで深く考えて面接に臨むことができていませんでした。

無印良品のバイトで落ちた理由

面接で落ちた理由は直接教えてくれなかったので、分かりません。

自分なりに分析すると、やはり志望動機だったと思います。

人気企業である無印良品の面接では、「ここで働きたい」と熱い思いを持っている人が多いと思います。

しかし私はそこまで熱意はなかったですし、比べると熱意がある人を採用するのは当然のことだと思います。

無印良品のバイトに採用されるには

アルバイトの面接と言えども、就職活動と同様に、志望動機をしっかり固める必要があると思いました。

特に都会で大企業だと、競争率は高いと思われます。

しっかりと「ここで働きたい」理由と熱意を、面接官に伝えて、採用を勝ち取りましょう。

-バイト

© 2021 2021年最新 | 在宅ワーク求人おすすめサイト