バイト

悲報【洋服の青山のバイト面接で落ちた】面接の内容と落ちた理由を公開

この記事のライター智子(22歳・女性)

私は22歳で、洋服の青山でアルバイトをしたくて面接に挑んだのですが、洋服の青山のバイト面接で落ちてしまいました・・・。

このページでは洋服の青山でアルバイトの面接に挑もうと思っている方向けに、バイトの面接で聞かれた質問、私が採用されなかった理由、採用されるにはどうしたらよいかなどを紹介したいと思います。

洋服の青山のバイト面接で落ちた

洋服の青山でアルバイトをしようと思った理由

アパレルブランドも好きだったことや、ビジネスマンの登竜門となる身なりを整える企業でもあるので、学べることがたくさんあると思えたので、アルバイトの面接を受けたい旨を伝えました。

アパレル関連の職に興味がありました。実際に、洋服をリメイクしたりするのが好きです。ちょうど、アルバイトしたいと思っていた矢先、こちらから求人情報が出ていたので面接をお願いしました。

洋服の青山のバイト面接で聞かれた質問

販売スタッフの求人でしたから、ビジネスウェアを購入するお客様に対する接客・販売がメインになる話しをされました。

これまでに接客販売業の経験があるのか、さらに就職活動についての方向性も質問されました。

あとは、シフトや志望動機でした。

アルバイト自体が初めてであること、アパレル関連に興味があることを伝えました。

洋服の青山のバイトに落ちた理由

まず、考えられるのが、アパレル業界未経験の方も歓迎している謳い文句であったものの、アルバイトそのものが未経験であったことも要因だと思います。

やはり多少なりとも、人前に出ることは必要です。

さらに研修期間があるという話しに、少し嫌な表情を浮かべてしまいました。

その間の時給が下がることも口にしており、そうした表情や言葉もマイナス点だったかもしれません。

また、コミュケーションに対するスキル不足があります。

人の目を見て話しができないのが短所です。

そこも問題有りと思われたかもしれません。

洋服の青山のバイトに採用されるためには

落ちた理由を教えてくれることがないので、とりあえず、万人受けする身だしなみ、そして、少しでもアルバイトの経験をしておくこと、さらに、コミュケーションスキルをしっかり養っておくことが、アルバイトに落ちない心得だと思います。

特に、面接官と目線を合わせることは絶対条件で、人見知りでもここは克服したほうがいいと感じています。

-バイト

© 2021 2021年最新 | 在宅ワーク求人おすすめサイト