バイト

【プロストックのバイト面接に落ちた】面接の質問内容と不採用の理由を公開!

この記事のライターゆうや(33歳・男性)

私は先日、プロ職人専門のお店「プロストック」でアルバイトの面接を受けてきたのですが、落ちてしまいました。

このページでは「プロストック」でアルバイトを考えている方向けに、プロトックスのバイト面接で質問された内容、私が不採用になった理由などを紹介します。

プロストックのバイト面接に落ちた(面接の内容と不採用の理由)

プロストックでバイトをしようと思った理由

今までに経験がなく新しいことに挑戦チャレンジしたいと思いまずは電話で応募しました。

色々と聞きたいことはありましたが、まずは面接をしてそこから説明や労働時間などを話していくことになりました。

プロストックのバイト面接の内容

まず最初にプロストックはどんな商品を扱っているのか仕事の説明を受けました。それからシフトの打ち合わせをして決めていきました。

また、今までにどんな仕事をしてきたか聞かれました。

基本は接客になるのでそういった経験がないときついかもしれないと言われて、私は経験がないと答えました。

あいにくにも私の他にもプロストックで仕事をしたいという方がいて。募集の枠が1人だけだったのでどちらかが落ちてしまう状況でした。

プロストックのバイト面接で落ちた理由

落ちた理由は今までに接客の経験がないという事と面接で自己アピールが足りなかったことが大きな理由だと思います。

もう少しプロストックの仕事に対する興味や積極性を出していかないと面接で落とされてしまうと感じました。

まとめ

1、採用されるには相手の目を見て話しをすること。

相手も自分の事を見てくるので、しっかりと相手の目を見てないと話しを聞いているのかわからない感じに捉えてしまうし、やる気があるように見えないと思うので、ちゃんと話しを聞いてますと相手に思わせることは大事だと思います。

2、面接時に消極的な意見、発言は避ける。

逆の立場で考えた時に積極的に前向きな発言はこれから仕事をやっていく中で、やる気になって頑張ってくれると思うので、消極的な意見はやめること。

3、自己アピールをする!

自分の得意分野、特技などを積極的にアピールすることが大事だと思います。

4、事前に下調べをする。

できればそこで使う能力や基礎知識を学んでいたら採用されて仕事をはじめる時にスムーズに業務にとりかかる事ができるので事前の準備はした方がいいと思いました。

-バイト

© 2021 2021年最新 | しごとーく。