バイト

悲報【松屋のバイト面接で落ちた】面接の内容と不採用になった理由は?

この記事のライターひろかず(36歳・男性)

私は先日、牛丼屋チェーンの「松屋」でアルバイトの面接を受けてきたのですが、結果は不採用になってしまいました。

このページでは、「松屋」のバイト面接を受けようとしている方向けに、面接の雰囲気、聞かれた内容、私が松屋のバイトに不採用になった理由を紹介したいと思います。

松屋のバイト面接で落ちた(面接の内容と不採用になった理由)

松屋でバイトをしようと思った理由

いまフルタイムでの仕事をしておらず、自宅からあまり遠くないところにある「松屋 目白店」のアルバイトをしてみようと考えました。

それと、私が面接を受けた松屋は東京の目白にあり、新宿と池袋の間にあるところで、住宅街中心で繁華街が小さいので仕事の量は少ないかなとも感じました。

そこのお店は、何度か利用したことがあり店内の雰囲気もわかっていたのも大きいです。

松屋のバイト面接の雰囲気

面接は店長が出てきてやるのかと思いましたが、出てきた面接官はスーツを着た人でした。

おそらく松屋フーズの社員で店舗のマネージャーかと思われます。

そして、面接は複数人が合同で受けていました。

面接の内容では、松屋の仕事内容を一通り説明を受けました。

松屋を利用することは昔から何度もあったので、仕事内容の話は自分の想像の通りでした。

面接官から質問された内容も、志望動機、職歴や働ける時間・曜日といった一般的なアルバイトの面接で聞かれる内容です。

私は30代で、このぐらいの年齢になると、どの人もアルバイト経験は豊富にあるはずです。

さらに有名な松屋のチェーン店ですから、仕事内容がある程度想像できます。

聞かれたことは主にシフトの話だったと思いますが、当たり障りがない答えをしました。

松屋のバイト面接で落ちた理由

年齢が30代だったので、年齢がネックになったと思います。

今は、法律上では雇用に年齢制限があるのは禁止になっていますが、お店側としては若い年齢の人が欲しいと考えるのが普通でしょう。

他には、面接は複数人でやったのですが、単純にアルバイトへの応募が多かったと思います。

目白付近に繁華街が少ないと言っても、東京は人が多いです。

採用までの倍率が高かったのだと考えています。

そして、都内の松屋は24時間営業ですから深夜のシフト勤務を希望しました。

しかし、深夜のアルバイトは少人数しか募集していなかったようです。深夜はお客さんが少ないですし、アルバイトも少人数しか必要ありません。

私が希望していたシフト時間と、店側が求めていたシフト時間が合わなかったのも不採用の理由になったと思っています。

まとめ

面接を担当したのが店長ではなくて、松屋の社員らしき人だったのが意外でした。

大手のチェーン店ということもあり、面接はそういうシステムなのかもしれません。

今のアルバイトは年齢制限が禁止になっているので、中年以降の世代でも面接は受けられますが、他に若い人が応募していると実際に採用されるのは難しいでしょう。

牛丼屋の関する記事

【すき家のバイト面接に落ちた】聞かれた内容と落ちた理由は?採用のコツ!

この記事のライターまりも(22歳・女性) 私は社会人(22歳)です。副業で夜のすき屋でアルバイトしようと、面接を受けました。 学生のころから、飲食店のアルバイトはよくしていたので絶対受かるだろうという ...

続きを見る

ブラック!【すき家のバイト評判】高校生も深夜・長時間労働で辞められない

この記事のライターりぃ(19歳・女性) 私は高校生のときに、すき家でバイトをしていたのですが、高校生だった私にも容赦ない長時間労働、深夜労働で休みもありませんでした。 このページでは私の経験をもとにす ...

続きを見る

-バイト

© 2021 2021年最新 | しごとーく。