在宅ワーク

知らないと損!クラウドワークスで初心者がサクサク稼ぐコツ

更新日:

このページではクラウドワークスで思うように稼げない、これから始めようと思うけど稼げるか躊躇している方向けに稼げるようになるためのコツを徹底的に解説しますね。

高度なテックニックを紹介している訳ではありませんが、ここでお伝えする内容はクラウドワークスで稼ぐために必ず必要なものです。

知っているから読む必要はないとは思わず一通り目を通りましょう!読むと読まないとでは稼げる額が変わってくると言っても過言ではありません。

※後半の方には中級者以上の方でも意識できていないポイントも紹介していますので、最後までお付き合いください。

まだ、クラウドワークスにクラウドワークスに登録していない方はコチラで手順を紹介しています。

2019年最新 | 1分で分かる | クラウドワークスの登録手順【発注者・受注者共通】

本ページではクラウドワークスの登録手順を紹介しますね。発注者(クライアント)、受注者(ワーカー)どちらも手順は一緒です。 メールアドレスを登録する必要があるので、事前に用意しておきましょう。 登録した ...

続きを見る

あなたのプロフィール、クライアントにどう見えていると思いますか?

クラウドワークスを登録してからまず行うことは、プロフィールの作成です。

もし、あなたが誰かにお金を払ってライティング(記事の作成)をしてもらおうとした場合、同じ報酬額なら少しでも良い文章を作成してくれるクラウドワーカー(=クラウドワークスで仕事を受注する人)に頼みたいと思いますよね。

でも、実際に文章を作成してもらわないと、良い文章を作成してくれる人なのかどうかクライアントは分かりません。

つまり、クラウドワークスを利用してライティングを依頼するクライアントは、期待していた文章を作成してもらえるか分からない段階で発注しなければいけないのです。

なので、「依頼したことがあって、期待通りの文章を作成してくれた人」にまたお願いしたいと考えるのが自然の流れです。

でも、前に依頼したクラウドワーカーが忙しかったり、都合が悪く引き受け手もらえない場合もありますし、体験談・レビュー記事の作成は他のクラウドワーカーに依頼したいものです。

そのような時、プロジェクト方式でライティングを引き受けてくれるクラウドワーカーを募集します。

そして、応募してくれた人の中から、誰に依頼するのか判断材料になるのが、クラウドワーカーのプロフィールです。

クライアントは応募をしてくたクラウドワーカーのプロフィールを見比べて、どのクラウドワーカーに依頼するか決定します。

つまり、プロフィールは、就職活動だとエントリーシートや履歴書に相当する重要なものなのです。

プロフィールは丁寧に

まずは、自分とプロクラウドワーカーのプロフィールを見比べてみてください。

ほとんどのプロクラウドワーカーは丁寧な自己紹介文をプロフィールに載せていると思います。そして、クライアントからの評価が高いですよね。

プロフィールはクライアントが発注する人を選ぶときに最初に見るものです。そして、誰に依頼すればよいかプロフィールを見て決定します。

プロフィールになにも書いていない人は論外として、内容が雑だったり、誤字脱字や読みにくいプロフィールのクラウドワーカーに仕事を依頼するでしょうか。もし、依頼しても文章の質に期待できないと思うでしょう。なぜなら、誰よりもよく知っている自身のプロフィールがこんな状態なのですから。

このことは、募集した人数と同じか少ない人数しか応募がなかった場合も同じです。

また、何でもかんでも書き連ねればよい分けではありません。

自分ができる内容の案件を受注しなければ、仕事の質が悪くなってしまい自分の評価を落としてしまう原因にもなります。そのことは、後々に案件を受注できないという事態にも繋がります。

あと、長い文章で書けば良いというものでもなく、簡潔にまとめた文章を作成することで、ライティング能力を証明することにも繋がります。

自分の評価が下がると・・・

実績と評価

クライアントが依頼する人を決定する判断基準として、プロフィールの他にクラウドワーカーの実績と評価も重視します。

実績が多いクラウドワーカーの方が安心して仕事を依頼できると思うのは当然ですが、評価も重視します。ですので、4.8以上はキープできるように意識しましょう。

そのために評価が5.0の実績を積み上げることが大事になります。

もし、平均4.8を切ってしまったら、報酬が安い仕事でもいいので、5.0を貰えそうな難易度が引くい案件をこなしましょう。案件の報酬額が1万円以上でも500円でも評価の重みは同じですからね。

中には評価が厳しいクライアントも存在しますし、その事は発注した経験があるクライアントであれば理解しています。ですので、なにがなんでも5.0をキープしなければと力む必要はありません。

作業承認率

クラウドソージングを始めたばかりのときは、タスク形式の仕事を中心にこなしていくことになると思います。

クラウドワークスではクライアントがタスクを依頼するときに設定で「作業承認率が95%以上」のワーカーのみしか仕事ができないような設定をすることができます。

タスク形式で仕事を依頼するとき、クライアントはワーカーを選ぶことができません。そうすると、中にはつぎはぎな文章やツールで機械的にしたおかしな文章を作成してくるクラウドワーカーも結構います。

そのようなクラウドワーカーに自分が依頼したタスクをされてしまうと今後、少しでもそのようなクラウドワーカーが仕事をできないように「作業承認率が95%以上」という条件を設定するようになります。

クライアント側は非承認にすることもできますが、非承認にできるのは依頼した件数の30%までと上限がありますし、なにより非承認することはクライアントとしても気持ちいいものではありません。

なので、作業承認率は95%以上をキープすることはかなり重要です。

ただ、1回非承認にされてしまうと19回の承認を得なければ、作業承認率が95%以上になりません。もし、90%くらいまえ下がってしまったら、思い切って新しいアカウントを作成し直して、実績をつくり直す方がいいかもしれませんね。

なぜなら、95%を下回った時点で、できる案件が限られてしまうのに、相当数の仕事をする必要があります。また、承認されるまで数日かかる案件もあるでしょう。

それらの事を踏まえ、じっくり検討してみましょう。

丁寧に仕事をする

評価や作業承認率を下げないために、もっとも気をつける点は「丁寧に仕事をする」ということです。

当たり前の事ですが、自宅で一人だったら緊張感を持つのが難しかったり、そばに子供がいたりすると集中できなかったりするでしょう。職場だったら当たり前のように出来てたことが自宅だとしっかり意識しないとできないものです。

もちろん、ゆっくり仕事をやれば良いというものではなく、例えばライティングの案件だったら、作成した文章を何度も見直すことが大切です。

とは言っても、ライティングの案件は文学小説のような文章を求めている訳ではありません。いくつかのポイント・注意点に気をつければ、誰にでも書くことができる程度の文章でいいのです。もちろん、内容には専門的な知識や経験が必要だったりしますが、あくまで文章を作成するという点では、プロ並のライティングスキルを求めるクライアントは居ないと考えてよいと思います。

もし、プロ並のライティングスキルを求めるなら、プロライターを抱えるライティング代行サービスを利用するべきですからね。

気をつける点としては、「です・ます調で書いてください」、「絵文字の使用は禁止」としているのに、それを無視していたり、求める人物像が「主婦」なのに、男性が仕事をすることはNGです。どの案件も注意事項が記載されているので、しっかり目を通しましょう。

また、「誤字脱字」、「てにをはの誤用」は、何度も読み返せば気づいて直すことができます。

絶対にしては行ってはいけないのが、「他のサイトからのコピーアンドペースト(コピペ)」、「リライトツールで作成した機械的な文章」、「意味不明な文章」、「明らかな文字稼ぎ(無駄な改行、句読点の多様)」、これらは悪質とみなされ非承認にされるどころかクライアントからブロックされることもあります。最悪の場合、サイト運営局に報告されることあります。

くれぐれも注意しましょう。

最初は稼げないのが当然って・・・

クラウドワークスに限りませんが、クラウドソージングについて「バカにしているような単価」、「労働力を搾取するシステムだ」というようなことをよく耳にします。たしかに、大手で仕事を検索すると、本当にその通りだと思わせてくれる案件が数多く募集されています。

また、たまに良さそうな条件の案件があっても、争奪戦で後発組が入る余地はなさそうな感じを受けます。

しかし、大手クラウドソージングのクラウドワークスは2018年に会員数が150万人を突破いしています。本当に労働力を搾取するだけで稼げないサイトであれば、これほどのクラウドワーカーが集まるでしょうか。

実は、クラウドワークスで稼げている人に関して言えば最初は稼げなかったと言ったほうが正しいかもしれません。

最初は発想を転換

発想を転換するとはどういう事か。

誰しもがお金を稼ぎたくてクラウドワークスに登録します。それは間違いではありません。

しかし、手軽に登録できるクラウドソージングですが、そう簡単に稼げるようにならないと言うこと認識する必要があります。

実際に本サイトでクラウドワーカーさんの経験談を紹介していますが、みなさん最初は稼げなかったと言っています。しかし、実績を積むことでい条件の案件を受注できたり、クライアントから直接依頼を貰って収益を上げている人がほとんどです。

例えば、こちらの主婦の方の体験談が参考になります。

ブラックなパートは辞めて正解 | 在宅ワークで同じくらい稼いでいるよ!

今回は在宅ワーク歴1年、中学生の子を二人を育てながら、自宅でデータ入力とライティングのお仕事をするワーカーさんを紹介しますね。 パートとして働いていた職場のブラックな雰囲気に疲れ辞めて在宅ワークをする ...

続きを見る

会社などに雇われて働くなら、月給や時給でいくらとか給料が保証されますが、クラウドワークスで働く場合、給料は保証されません。いくら稼げるかはクラウドワーカー次第ということです。

つまり、実績や経験が少ないうちは稼げなくて当然なのです。

とはいえ、いつまでも稼げないままではいけません。それでは本当に「労働力を搾取」されるだけなので、クラウドワークスを利用するのは辞めたほうがいいと思います。

まず、クラウドワークスの経験や実績がない内は、報酬額に関係なくタスク作業を多くこなしましょう。少なくても最初の一ヶ月は割り切ってとにかく手当たり次第に、できそうな仕事はなんでもやってみるということです。

そうすると、クラウドソージングで発注されている案件の傾向が見えてきたり、自分が得意とする分野が出来てきます。

また、自分がどのくらいの時間でどのくらいの仕事量ができるか分かってくることも大きいです。

クラウドソージングを始めた最初の1ヶ月間は研修期間だったり勉強期間だと割り切るような発想の転換を行うのが稼げるようになるコツです。

逆に最初から稼げると勘違いしているとクラウドワークスは「単価が低すぎる」、「労働力の搾取システム」、「稼げない」という発想に陥ってしますのです。

また、1ヶ月で研修期間が終わるかどうかは人それぞれです。

例えば、子どもを保育園に預けて日中のまとまった時間をライティングの仕事が出来る人と、平日はお勤めで仕事をして週末のみライティングの仕事をする人では期間が変わってくるでしょう。

目安としては、ライティングであれば3,000文字くらい文章作成が簡単にこなせるよになったら、もう研修期間が終わったと考えてよいでしょう。

そして、研修期間が終わったら、いよいろ案件のえり好みをしましょう!

単価が安くて労働力が搾取されてるだけの案件だと思ったら、その仕事は受注しなければいいのです。

そして、クライアントとは対等な立場だと考えるとうにしましょう。上から目線、横柄な態度のクラアントは相手にしなくても、良好な関係を気づくことができるクライアントは多くいるからです。

収入を上げるコツは〇〇〇けないこと

ある程度、クラウドソージングで実績を積んできたら、どのくらいの単価が自分にあっているか把握した上で受注する仕事を検討することは収入を上げるために必要なことです。ここでは自分にあった単価を把握する方法と効率よく効率よく仕事を探す方法を紹介します。

安い単価の仕事は引き受けない

ある程度、実績を積めば自分がどれくらいの時間でどれくらいの作業をすることができるか分かってくるはずです。

今回はライティングを例に、どれくらいの単価が目安になるか把握する方法を紹介したいと思います。

ライティングの仕事が慣れてくれば、自分の得意な分野なら1時間に3,000文字位は書けるようになっていると思います。クライアントから指定されたテーマであれば調べながら文章を作成することになるので、1時間で1,000文字~1,500文字くらいでしょうか。

500文字程度の短い文章だと、基本的な情報だけあれば勢いで10分もあれば書くことが出来ると思います。

これ位のスピードで出来るようになれば、最初に比べてかなり稼げるようになっているはずです。

そして、500文字程度の仕事で案件であれば、隙間時間で仕事をすることが出来るということなので、クラウドワークスを利用するメリットを感じることができるでしょう。

報酬額についてですが、仮に1文字0.5円で500文字のライティング案件は250円の報酬になります。調べたり、少し休憩したとしても1時間で1,000円は稼げることになります。

しかし、これが1文字0.1円だと、1時間で200円の報酬になってしまします。たとえ得意な分野で3,000文字のライティング案件だとしても1時間で300円となり、受注するには安すぎますよね。

在宅ワークとはいえ、仕事ができる時間には限りがあります。そのため、「単価が安い案件は受注しない」といったようなルールを決めないと稼ぐことはできません。

適正な単価とは?

単純な計算式ですが、「受注するか・しないか」を判断する単価の境界は、次の式で計算することができます。

1文字の単価 = 希望する時給 ÷ 1時間で書ける文字数

例えば、時給換算で1000円を希望している人が1時間で3,000文字書けるとすると1文字の単価は0.333...円となります。

もし、1時間で3000文字書けなくても、最初の数ヶ月間はまだまだ伸びしろがあると思います。初めは希望する時給をやすくしてもまだまだ伸びしろはあるでしょう。

報酬の総額に注目

クラウドワークスに慣れてくると、仕事をしている時間よりも仕事を「探す」ことに時間がかかっていることに気づくと思います。

「高単価」で「得意分野」の仕事がしたいし、全体の構成が指定され方がいい、自由に書ける方がいいという人もいます。クライアントも事前に多くの情報を記載してくれる人もいれば、仕事をするときに内容を知らせてくるクライアントもいます。

効率よく稼ぐためには、一つ一つ時間をかけて自分に合った仕事を探すより、支払い総額が高いまとまった案件を探してみましょう。

例えば、1記事5,000円の案件を3件こなすよりも、1記事500円で30記事作成する案件を1件こなす方が仕事を探す手間が省けるので効率よく稼げるはずです。

ただ、同じテーマで多くの記事を書けるかどうか不安がある場合は、クライアントに相談してみましょう。件数を調整してくれる余地は十分にあるはずです。見切りで応募してしまって、全てをこなせなかった場合、評価を下げられてしまう恐れがあります。聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥といいますからね。

最後に効率よく稼ぐコツはコレ!

同じ間で効率よく稼ぐコツは「この分野ならいくらでも文章を書ける」、「この事だったら他のワーカーよりも得意だ」といったような得意分野を作ることです。

元々、興味があったり、好きな分野であれば、まずはそれが得意分野になるはずです。また、仕事やバイトしたことがある事も他の人よりは詳しいので、それが武器になります。それらの分野の引き出しを増やすことによって更に自分の強みになるでしょう。

気をつけてほしいのが、自分の得意分野がニッチであれば単価が高い仕事を期待できますが、ニッチであるがために依頼がなかなか無いという事もあります。

既にお伝えしたように、クラウドワークスを始めて1ヶ月もしくは数ヶ月はよく依頼がある案件の傾向を知り、自分が狙うべき分野を絞るための期間でもあります。

難しいそうな案件でも狙えるかも

また、仕事を検索して募集されている案件を眺めていると、単価が高くて目に止まるけど、あまり応募が集まっていないような案件がありますよね。しかも、何度も長い期間、募集をかけても応募がないような案件をいつまでも放っておいてはもったいないと思いませんか?

まったく知識がないとしても、調べながらなら書けるかもしれません。もちろん、専門的で高度な知識が要求される案件で10,000文字書くとなると無理かもしれません。しかし、500文字位ならポイントさえ押さえることができれば書けるかもしれません。

高額な単価だけど、専門的で高度な知識が必要で誰も手を付けないような案件があったら、クライアントに相談してみるのもいいです。どの程度の完成度を求めているのか、納期はどれくらいなのか、自信がなければ自分からテストライティングで試してもらう提案もしてもいいです。自分のアピールにもなりますし、良いクライアントと付き合うテクニックにもなります。

クライアントも引き受けてくれるクラウドワーカーがいなくて悩んでいるはずなので、相談に応じてくれると思います。

簡単で高単価なのに誰も手をつけないような案件には注意が必要です。もしかすると落とし穴があるかもしれません。本サイトで紹介している経験談でも、気をつけたほうがいいと言っている在宅ワーカーさんは多いです。あくまで、ニッチだったり高度な知識が要求されるが故に誰も手をつけない案件が対象です。

このように、少しづつ自分ができる分野を増やしていけば、受注できる仕事の量も増え、何度もこなしているような分野であれば時間をかけず効率よく仕事をさばけるようになるので収入アップに繋がります。

継続案件を狙う

得意分野ができたら、継続案件を狙いましょう。

クラウドワークスで募集されている多くは単発の仕事です。あるテーマで1記事書けばそれで終了してしまい、その度に仕事を探さなければなりません。

しかし、中には「継続依頼あり」と募集されている仕事があります。効率よく稼ぐのであれば、このような継続に依頼がある仕事を狙うべきです。それが得意分野のものであればなおさらですが、まったく知識がない分野であっても500文字程度のライティング案件であればなんとか文章を作成できるでしょう。ある程度のことであればキーワードから膨らませて文章を作成するスキルが身についているはずだと思います。

これについても、クライアントの視点が考えてみると、どれくらいのスキルが分からない10人に1記事づつ文章を作成してもらうより、信頼ができる一人に10記事書いてもらう方が安心して依頼できますし楽なんですよね。

クラウドワークスについて

あなたにオススメ記事

クラウドワークス 初心者 | まずは今日、100円稼いでみよう!

このページを読めばクラウドワークス初心者でも、まずは今日100円稼げる内容になっています。ここからぜひスタートしてください! 前半は副業サイトとして注目のクラウドワークスで仕事を始めるための環境説明、 ...

続きを見る

クラウドワークスでデータ入力 | 副業で月6万円稼ぐ女性のクラウドワークス口コミ・評判

このページではクラウドワークスで副業をするプロクラウドワーカーさんにクラウドワークスの口コミ・評判を紹介します! かなり濃い内容でこれから副業で在宅ワークを始めようと思っている方が知りたいと思っている ...

続きを見る

ブラックなパートは辞めて正解 | 在宅ワークで同じくらい稼いでいるよ!

今回は在宅ワーク歴1年、中学生の子を二人を育てながら、自宅でデータ入力とライティングのお仕事をするワーカーさんを紹介しますね。 パートとして働いていた職場のブラックな雰囲気に疲れ辞めて在宅ワークをする ...

続きを見る

2019年最新 | どこよりも詳しい | 在宅ワーク求人おすすめサイト比較・ランキング

本サイトでは副業や主婦で在宅ワークをしている方からクラウドソージングサイトの口コミ・評判を300以上集めた結果を分析して、オススメの在宅ワーク求人サイトを紹介しています! 在宅ワーカーさんの辛口でリア ...

続きを見る

-在宅ワーク

Copyright© 2019年最新 | 在宅ワーク求人おすすめサイト , 2019 All Rights Reserved.