2020年最新 | 1分で分かる | クラウドワークスの登録手順【発注者・受注者共通】

本ページではクラウドワークスの登録手順を紹介しますね。発注者(クライアント)、受注者(ワーカー)どちらも手順は一緒です。

メールアドレスを登録する必要があるので、事前に用意しておきましょう。

登録したメールアドレスはログインするとき、クラウドワークスからの通知に利用され、他のユーザーに公開されることはありません。

クラウドワークスに登録してみよう。

下記リンクからクラウドワークスの登録ページを表示することができます。

登録ページに「無料で利用を開始する」ボタンがあるのでクリック。

メールアドレス登録

先ほどの「無料で利用を開始する」をクリックすると、メールアドレスを登録するページが表示されます。

メールアドレスを入力して「会員登録する」をクリックするとクラウドワークスからメールが送られてきます。

ちなみに、このようなメールが届きます。

もし、届かない場合、迷惑メールにも振り分けられていなければ、登録したメールアドレスが誤っている可能性があるので、もう一度、同じページからメールアドレスを登録してみてください。

利用者情報の登録

クラウドワークスから届いたメールに記載されているURLをクリックすると利用者情報を登録するページが表示されるので必須項目を入力していきましょう。

難しい項目はないですが一応、補足しますね。

  • ユーザー名(公開)
    他の人が既に使用しいるユーザー名は使用できません。また、ユーザー名は後から変更できませんが、ユーザー名とは別に表示名というものがあり、これは後から変更できます。
  • パスワード(非公開)
  • 主な利用方法(公開)
    在宅ワークをする方は仕事を「受注」するを選択しますが、仕事を「依頼」するを選んでも仕事を受注することができます。どちらを選んでも利用する機能は変わりません。
  • 職種(公開)
    メインの職種を選択します。これといって該当するものがするものがなければ、とりあえず「カンタン在宅ワーカー」でいいと思います。後から変更ができます。
  • 個人/法人(公開)
  • 氏名(非公開)
  • 氏名(かな)(非公開)
  • 性別(公開)
  • 郵便番号(非公開)
  • 住所(非公開)

 

入力が終わったら利用規約、個人情報保護方針に同意、「私はロボットではありません」にチェック(笑)して「入力を確認する」をクリック。

次に表示されるページで入力した内容に間違いがなければ、「登録する」をクリックして登録完了です!

 

クラウドワークスはこちら > クラウドワークス

 

更新日:

Copyright© 2020年最新 | 在宅ワーク求人おすすめサイト , 2020 All Rights Reserved.