転職

【アルプス技研 やばい】宗教、軍隊みたいでやばい研修(合宿)の実態

 

この記事のライターアルプス (27歳・男性) / ITエンジニア

私は過去にアルプス技研に入社し辞めた経験があります。

よくネット上では「アルプス技研 やばい」と書かれていますが、実際にどんな点がやばいのか、元社員だった私が分かりやすく説明したいと思います。

このページで書いている内容を理解しないでアルプス技研に就職すると後悔する可能性があるので、最後まで読んでアルプス技研について理解することをオススメします。

入社して分かったアルプス技研が「やばい」と言われる理由

アルプス技研の特徴

アルプス技研がやばいと言われる理由を理解する上で、アルプス技研の特徴を理解する必要があります。

アルプス技研は東証のプライム市場(旧東証一部)に上場している企業で、4000人前後のITエンジニアを抱える大手IT企業です。

多くのエンジニアを抱えるアルプス技研ですが、自社では商品・サービスの開発を行っておらず、自社のエンジニアをクライアントに派遣することを事業としている会社です。

要するにITエンジニアに特化した派遣会社です。

自社のエンジニアを技術的なスキルだけでなく、ヒューマンスキルの向上を目的とした研修にも力を入れていて、この研修が「アルプス技研はやばい」と言われる要因にもなっています。

続いて、具体的にどのような研修が行われているか説明します。

アルプス技研の新人研修(合宿)がやばい(宗教・軍隊)

アルプス技研がやばいと言われる一番の理由は、入社時にある合宿で行われる研修です。

この合宿研修は一週間(中途採用は4日)も行われ主に次の事を訓練します。

  • 大声であいさつする訓練。
  • 社則・社歌を大声で叫びながら覚える。
  • 筋トレ。
  • 夜中に30キロ歩き続ける。

研修中に涙を流す人もいました。自分の限界を超えられた、やり切った感動の涙なのか、単に悲痛から出た涙なのか、涙の理由は人それぞれだと思いますが...

大声で社歌を叫んだり、夜中に何キロも歩いたり、宗教や軍隊と噂せれる理由がお分かりいただけると思います。

情熱を持った人、自分をなんとか変えたい!など思っている人にとっては、この合宿は有意義に感じるかもしれませんし、合宿を無駄とは言いませんが、人によっては行き過ぎていると感じてしまうことも否めません。

そもそもなぜアルプス技研がこのような研修を行っているかというと、過去にアルプス技研の社員が派遣先の担当者に注意されたときに逆上してしまい、クレームになったことがこの研修をはじめるキッカケになったそうです。

この研修の成果なのか、不況時に派遣切りが問題になった時期も「アルプス技研の社員はあいさつができるから」と派遣切りをされなかったんだとか...

あいさつで派遣切りをされずに済んだというのには疑問に感じてしまいますが。

この様な研修に参加したくないと思った方向けに、私が実際に利用してとてもお世話になった就職サービスを紹介させてください。

<新卒就活生向け>

「エンジニア就活」が就活生向けのIT業界に特化した就活ナビサイトで、ぶっちゃけここでしか知ることが出来ない情報もあります。

<IT業界未経験者向け>

「ウズキャリIT」はIT業界未経験者の就職サポートに特化していて、とても親切就職サポートを受けられるだけでなく、いまならIT学習サポートを無料で受けられます。

<経験者転職向け>

最後に紹介するのが「クラウドリンク」で私は派遣エンジニアではなく自社開発を行っている企業に転職を希望し「クラウドリンク」で希望を叶えることができました。

アルプス技研の業務外研修がやばい

アルプス技研では先輩が後輩に教える勉強会の文化があります。

平日の日中はみな客先に派遣されているため、勉強会が行われるのは平日の業務後か週末を利用して行われます。

もちろん、勉強会に参加してもその分の給料は出ませんし、強制参加でもありません。

しかし、アルプス技研には「貢献ポイント」というものがあり、勉強会に参加するとその貢献ポイントが貰え、給料の査定やボーナスに繋がるため参加せざるを得ません。

私はアルプス技研を辞めてから業務後・週末に自分のために時間を使えることに対して嬉しく感じてしまいました。

スキルアップ、向上心が高い人にとっては先輩・後輩や同僚と切磋琢磨できる環境でいい取り組みだと思います。

アルプス技研は基本給が安い、査定基準がやばい。

残業代はきっちり給料に反映されますが、基本給が安く残業がない派遣先にあたってしまうと生活費に余裕がなくなります。

給料やボーナスを上げるためには、社内研修やイベントに参加して「貢献ポイント」を稼ぐ必要があるのですが、客先で残業が多いと社内研修に参加できなく、「貢献ポイント」が稼ぎづらくなり、ジレンマに陥ります。

そもそも業務時間外に行われる社内研修への参加が査定内容になっている点は受け入れがたく感じていました。

まとめ

アルプス技研は情熱、向上心が強く週末も仲間と切磋琢磨しスキル向上を目指したい、という方にはあっていると思います。

合わないかもなぁっと感じた方には私が就活、転職する際に大変お世話になった就職サービスを最後にもう一度紹介させてください。

<新卒就活生向け>

就活生には「エンジニア就活」。ITエンジニアに特化していて、ここでしか知ることが出来ない情報多数。

<IT業界未経験者向け>

未経験でIT業界に転職を考えている方には「ウズキャリIT」。いまなら無料でIT学習サポートも受けられます。就職サポートととても親切。

<経験者転職向け>

派遣エンジニアではなく、自社開発を行っている企業に就職したい方には、「クラウドリンク」。私も自社商品の開発を行っている企業に就職希望し「クラウドリンク」でサポートしていただき転職することができました。

 

-転職

© 2022 2022年最新 | しごとーく。